友達から子どもの話をされます

周りの友達と会っていると

気が付けば30代。

30代なんてものすごく先だと思っていましたが、今、私はその年齢です。
そういえば、確か20代の頃は仕事をしていてすごく充実していたような気がします。
勿論今が充実していないわけじゃないんです。
ただ、あの頃を思い出すと、もう少し恋愛をしていてもよかったのかもしれない、
なんて本気で思います。
特に、友達に会った時にそれを実感します。

例えば、まず結婚をしている友達が多いという事。

確かに、絶対に友達が結婚している訳ではなくて、私みたいに独身を貫いている人もいます。
ですが、確実に独身が私の周りの場合は減ってきてるんです。
これは職場でも同じように思います。
休憩時間とかに話をすると、なんか旦那さんの事とか、お子さんの事とかを聞く事があるんです。
旦那さんと一緒にディナーに行ったとか、お子さんが幼稚園で絵を描いてきてくれたとか聞くと、
ものすごくうらやましくなってしまいます。

周りは独身を推す

そう、私には確かに仕事での充実はあるのですが、そういう私生活での充実ってないんです。
勿論、結婚している友達とか同僚に言わせると、「独身の方がいいよ」なんて言うんです。
どうやら話を聞くと、一人でいる方が自分の時間があるから、との事。
特にお子さんがいる場合、そしてその子が小さい場合などは、
自分の時間が無くなってしまうなんてぼやいている人もいます。

子どもが小さい時は寝る時間が削られてしまうし、家事の時間も必要、
そして子どもが大きくなってきたら、幼稚園とかのPTA活動とかもあったりして大変なのだとか。
人それぞれだとは分かっているし、隣の芝は青く見える、と言うのだろうとは思うのですが、
私から見ると、やっぱり結婚している人とか、出産・子育てをしている人にあこがれを抱いてしまいます。

うらやましいんです。

「私の夫が」とか、「うちの子が」なんていう言葉、
私もちょっと言ってみたい、友達に会うとそう思ってしまいます。
と感じるのには、実は理由があります。
なんだか最近、あまりいいことがないんです。
前はこんなちょっとしたトラブルなんてなかったはずなのに、
最近トラブル続きでどうも気分が沈んでいます。

うまくいかない毎日、こういう時は誰かに優しくしてもらいたいのですが、
独身の場合、夫や子どもに何かをして貰うのが無理なんですよね。
そんな時見たドラマが今、すごく気になっています。
それはシェアハウスが舞台になっているものです。
シェアハウスなんて、私の頭には全くなく、勿論そこでの出会いなんて考えたこともありませんでした。

そこで出会って実際に恋人関係になる人もいるのだとか。

恋人にはなれなくても、シェアハウスに行けば、
私のこの寂しさも減るのかしら、なんてちょっと思っています。
シェアハウス、本当に飛び込んでみようか、と真剣に考えるようになりました。
なんて、ちょっとドラマを見ながら思ってみました。
勿論、そこでは色々な事が待っていると思いますが、
独身の今だからできる事なのかな、なんて思います。