学生寮

従妹が学生寮に入るそうです

従妹が大学入学を機に学生寮へ

学生時代の住まいと言えば賃貸物件が多数派ではないでしょうか。しかし、初めて一人暮らしをする場合不安な人も少なくないはずです。わたしの従妹が新潟の大学に進学します。従妹は同じ学生がいる、学生寮を、大学4年間暮らす場所として決めました。わたしが従妹に学生寮を勧めたメリットとわたしが学生のころやり残したことをつづります。
《参考》新潟の学生寮

学生寮のメリット

学生寮のメリットにどんなものがあるのでしょうか。一般的に学生寮は、通っている大学の近くにあり大学へ徒歩1分の学生寮も少なくありません。
また、駅に近い場所に設置されている学生寮もあります。駅に近いということは、買物にも便利です。ちなみに学生寮は普通の賃貸と違い門限があります。門限は各学生寮で違うので入寮する前にチェックしておきましょう。

そして、学生寮に入寮するならではのメリットはオートロックなどのセキュリティーがちゃんとしていることです。女性の一人暮らしは何かとセキュリティーに気をつけなければなりません。防犯面がしっかりとしている学生寮を選ぶと、普段の生活を心配なく送れます。
他に現代の学生の必須インフラである、インターネット回線を無料で利用できる学生寮も少なくありません。インターネットだけでなく水道やガスのインフラも管理会社が24時間対応してくれるので便利です。

学生のころやっておけばよかったこと

学生生活と言えば、バイトに明け暮れてあっという間に大学生活が過ぎ去ってしまった話をよく聞きます。わたしは、バイトより自分のやりたいことをしたかったので、どちらかというと勉強に明け暮れました。今は勉強したおかげで、自分のなりたい職業についていますが、大学生でなければできないこともあります。

大学生活は人生の夏休みともいわれるほど、時間があります。わたしの友人によく旅行に行く人が多かったと記憶しています。

社会人になると、休みは限られてきます。大学時代は、確かにお金に余裕はありませんが、まとまったバイトをすれば、閑散期の安い時期、海外に旅行へ行けました。海外へ行った人の中には、日本で就職しないで、海外で魅力を感じた場所で就職する友人もいました。

旅行で人生が変わる人もいるなら、わたしも勉強だけでなく、積極的に海外旅行をして、経験値を積みたかったと少し後悔しています。わたしのこのような経験を今度大学生になる従妹に伝えて、学生生活を勉強だけでなく、さまざまな経験を通してより豊かな人生にしてもらいたいと考えるこのごろです。