エンゲージリング(婚約指輪)でカン違いしてたこと

指輪を一緒に選ぶほうが主流

婚約指輪専門店のホームページ」を見ていて解ったのですが、
男性から女性に向けてプロポーズする時に渡す婚約指輪も、今は
宝石の種類もダイヤモンドだけじゃなく、デザインに関しても
非常に多彩になってます。

それこそルビーとかエメラルドとか、女性側が好きな宝石を
贈るのが定番で、値段もまちまちだそうです。そして
プロポーズに必要な指輪なのに、好きな宝石やデザインの指輪を
選ぶために、カップル二人で選びに行ったり、オーダーリングを
注文したりするのが主流だとか。そして一緒に選んで買った
指輪を渡して、改めてプロポーズ、という流れになるみたいです。

結婚指輪に関しては、ずっと
「男性がナイショで準備する」のがスタンダードだと思ってました。

「婚約指輪を一緒に選ぶ」メリットとデメリット

この方法だと、デート感覚で一緒に選べるうえに、
「本当にぴったりの指輪」を買うことができます。それこそ、
宝石店のスタッフと相談したり、実際に試着をしたり
できるわけですから、男性1人で宝石店に足を運ぶよりは、
確実性が高い買い方と言えます。

ただしプロポーズのために指輪を買いに行くワケなので、
指輪をプレゼントした時の驚きは無くなっちゃうのが
とても残念な点ですね。なので、本当の意味でのプロポーズは
「一緒に指輪を買いに行こう」と伝えた時だったりします。

自分はどちらのプロポーズがいいか

そういった意味では、
プロポーズ用の指輪を一緒に買いに行く方がいいか、
指輪を渡されてプロポーズされたほうがいいか、
人によって好みが分かれると思います。本当に欲しい
指輪を選べるという意味では、私は前者の
「一緒に指輪を買いに行く」ほうがいいですね。

ただ恋愛ドラマとかを見てたりすると、後者みたいに
サプライズ感のある渡され方をしたいなっていう気持ちも
解るので、これはやっぱり人それぞれでしょうね。